2020年5月の取引結果 +7,500

今月の結果

取引日数
18日

取引銘柄

番号会社名取引収支
2157コシダカホールディングス-1,400
2484出前館+14,800
3042セキュアヴェイル-3,200
3681ブイキューブ+10,500
3857ラック-18,100
3968セグエグループ+100
4564オンコセラピー・サイエンス+1,500
4755楽天-2,300
4998フマキラー+11,100
6670MCJ-1,500
7895中央化学+3,700
8473SBIホールディングス-7,700
合計11銘柄+7,500

解説

結果としてプラスのように見えますが、これは税引き前の計算結果です。
この程度では赤字ですし、生活を豊かにするどころではなく苦しめてしまいます。

相場が新型コロナに慣れ、値動きがやや落ち着いてしまったことから利益取れていません。

アフターコロナ銘柄も多く手を出しましたが結果が出ませんでした。

月の初めから大きなマイナスに陥り、損失を過剰に恐れてしまい、損切も利確も早めてしまったという精神的な脆さがでたことから反省する月といたします。

タイトルとURLをコピーしました